年間行事に戻る


クリスマス礼拝



ポインセチア
                作詞 芦谷憲二
                作曲 芦谷太郎

1.ひいらぎの下でねた夜に
 そりで走った夢をみた
  ※赤いな 赤いな ポインセチア
    ポインセチア 赤いな ポインセチア

2.もみの木かざってねた夜に
 サンタクロースの夢をみた
 ※くり返し

3.よく朝でした くつしたに
 ノートと小箱のチョコレート
 ※

4.私はみました クリスマス
 サンタクロースも知っている
 ※


当園のクリスマス礼拝
 クリスマスに立てられるろうそくの光は「この世の光」として来られたイエス・キリストの誕生を意味しているものです。 礼拝の中でキャンドルサービスを行いますが、これは「世の光」であるイエス様が私たちの心の中にも誕生するように願う、 また私たちひとりひとりもこの世を照らす光となれるようにというメッセージがこめられています。
 クリスマス礼拝は、年齢による理解度を考え学年別に行います。2・3歳児はあたたかい雰囲気の中でゆったりと、 4歳児はクリスマスの話に参加しながら楽しく、そして5歳児はクリスマスの話をページェントという形で演じることでより深くクリスマスの出来事の意味を心に残すでしょう。